AML( マネーロンダリング対策) POLICY

Vantage FXは、最高水準のマネーロンダリング対策(AML)コンプライアンスとテロ対策資金調達(CTF)に取り組んでいます。政府がテロ資金やマネーロンダリング活動への資金提供と戦うのを助けるために、法律によってすべての金融機関が口座開設者を特定する情報を入手・検証・記録することを要求しています。

マネーロンダリング(資金洗浄)とは–不正行為(詐欺、汚職、テロなど)から受け取った資金を、実際の資金源を隠したり歪めたりするのに正当に見える他の資金や投資に変換すること。

マネーロンダリングのプロセスは、次の3つの段階に分けることができます。

  • 配置. この段階で、資金は小切手、銀行口座、送金などの金融商品に変換されるか、転売可能な高額商品の購入に使用されます。それらはまた、銀行および銀行以外の機関(例えば、通貨両替機関)に物理的に預けることができる。会社に疑惑を持たれるのを避けるために、資金洗浄者は、一度に全額を預金するのではなく、いくつかの預金をすることもできます。この形式の配置はスマーフィング(偽装工作)と呼ばれます。
  • レイヤー化.不正な資金は他の口座や他の金融商品に転送または移動されます。これは、出所を偽装し、複数の金融取引を行った実在者の表示を混乱させるために実行されます。資金を移動させその形を変えると、資金洗浄されているお金を追跡するのが難しくなります。
  • 統合. そして洗浄後の資金は商品やサービスを購入する正当な手段として流通します。

Vantage FXは、マネーロンダリング防止の原則を遵守し、不法に獲得した資金合法化のプロセスを目的とする行為を積極的に防止します。AMLポリシーとは、マネーロンダリング、テロ資金供与、その他の犯罪活動を目的として、犯罪者による会社のサービスの使用を防止することを意味します。

マネーロンダリングを防止するために、Vantage FXはいかなる状況でも現金の受け取りや支払いを行いません。会社は、違法と見なされるか、またはスタッフの意見でマネーロンダリングに関連している可能性があるクライアントの操作を一時停止する権利を持っています。

当社の手順
VantageFXは実際に存在する人物または法人と取引していることを確認します。Vantage FXはまた、金融当局によって発行された適用法および規制に従って、必要なすべての措置を実行します。AMLポリシーは、次の方法でVantage FX内で実行されています。

  • 顧客方針とデューデリジェンスの把握
  • クライアント活動のモニタリング
  • 記録の保存

顧客方針とデューデリジェンスの把握
AMLおよびKYCポリシーへの会社の取り組みのため、会社の各クライアントは検証手順を完了する必要があります。Vantage FXがクライアントとの協力を提携する前に、会社は顧客または取引相手の身元が正しく証明できる証拠を確認しています。

個々の顧客
登録の際はお客様により個人情報を提供していただきます。具体的には氏名、生年月日、国籍や住所となります。 個人情報を確認するには、次の文書が必要です。 お客様にはKYC要件を確認するため、次の文書を送信していただきます(文書がラテン文字以外で書かれている場合;確認プロセスの遅延を避けるため公証された翻訳を提供する必要があります)。

  • 現在有効なパスポート(パスポートの最初のページの署名と顔写真がはっきり見えるようにお送りください)もしくは
  • 写真付きの運転免許証 または
  • 国民IDカード(表と裏の両方のページを表示)。
  • お客様の氏名と居住地が記載されている現在の住所(公共料金の請求書、銀行取引明細書など)を証明する文書。これらの文書は、出願日から3か月以上経過したものであってはなりません。

法人のお客様
申請会社が承認または承認された証券取引所に上場されている場合、または申請者が完全所有子会社またはそのような会社の管理下にある子会社であることを示す独立した証拠がある場合、本人確認のための追加の手順は通常はありません。企業が上場しておらず、主要取締役または株主のいずれもVantageFXの口座を持っていない場合、以下の書類を提出する必要があります:

  • 定款またはその国におけるの同等のもの。
  • 覚書および定款、法定声明、または国における同等のもの。
  • 法人登録住所の良好な状態またはその他の証明の証明書;
  • 口座を開設し、それを運営する人に権限を与えるための取締役会の決議書類
  • 会社に関連して取締役から与えられた委任状またはその他の権限のコピー;
  • (上記の個人の本人確認ルールに従って)顧客に代わってVantage FXを処理する場合の取締役の本人確認。
  • (上記の個人の身元確認ルールに従って)受益者の身元を証明するもの、口座の署名者から指示を受けた人の身元を証明するもの

クライアント活動のモニタリング
Vantage FXは、クライアントから情報を収集するだけではなく、クライアントの活動すべてを継続的に監視することによって、不審な取引を特定して防止します。不審な取引は、クライアントの正式な事業内容またはクライアントアクティビティの監視で検出されている通常の取引履歴と矛盾する取引として検出されます。VantageFXは犯罪者による同社のサービスの使用を防止する目的で、指定取引 (自動取引、手動取引) を監視するシステムを実装しています。

記録の保管
識別のために取得したすべての取引データ、およびマネーロンダリングトピックに関連するすべての文書(疑わしいアクティビティレポートのファイル、AMLアカウントモニタリングのドキュメントなど)の記録を保管する必要があります。これらの記録は、アカウントが閉鎖されても少なくとも7年間は保持されます。

入金および出金条件
Vantage FXで保持されるトレーディングアカウントのすべての入金と出金には、次の厳しい要件があります。

  • AML / CTF法により、Vantage FXは第三者から資金を受け取ったり、出金したりすることはいたしません。
  • Vantage FXに送金される資金は、Vantage FXの取引アカウント名と同じ名前の銀行口座、クレジット/デビットカード、または代替支払い方法(Skrill、China Union Pay、Neteller、Fasapayなど)からのものである必要があります。
  • 取引口座から引き出されたすべての資金は、バンテージFXの取引口座名と同じ名前で、銀行口座、クレジット/デビットカード、または代替支払い方法(Skrill、China Union Pay、Neteller、Fasapayなど)である必要があります。
  • すべての出金リクエストは、入金元に応じて先入れ先出し(FIFO)ベースで処理されます。たとえば、デビット/クレジットカード経由で入金されるとします。その後、引き落としのリクエストを受け取ったときに後続の引き出し要求が受信されます。関連するデビット/クレジットカードに送り返された資金の金額は、そこから入金された元の金額を超えることはできません。入金額を超える利益は、指定された銀行口座に送金されますそれは取引口座と同じ名前で保持されている必要があります。

参考例:

  1. 1.クレジットカード経由で$ 100を入金し、$ 1,000の利益を得ました。1,000ドルの引き出しをリクエストすると、クレジットカードに100ドル、銀行口座で残りの900ドルを受け取ります。
  2. 2. Skrill経由で$ 100、クレジットカード経由で$ 50を入金しました。$ 120のSkrill引き出しをリクエストすると、$ 100がSkrillに、$ 20がカードに送られます。
  • 最初の引き出し要求はすべて、銀行取引明細書を提供する必要があります(口座名義人の情報と銀行の詳細の記載が必須)。これにより、安全性とセキュリティを検証することができます。Vantage FXは、登録名と異なる名前で行われた入金または引き出しを受け付けません。
  • 資金の引き出しに使用できない方法で取引口座に入金された場合、クライアントが所有権の十分な証拠を提供すれば資金はVantage FXの取引口座名と同じ名前の銀行口座に引き出されることがあります。

出金プロセスの詳細については、こちらをご覧ください

制裁措置について
Vantage FXがマネーロンダリングまたはその他の犯罪行為に関連すると疑う取引を実行しようとする試みを発見した場合、適用される法律に従って手続きを進め、疑わしい行為を規制当局に報告します。

Vantage FXは、違法と見なされたり、当社スタッフがマネーロンダリングに関連している可能性があるとみなしたクライアントの操作を一時停止する権利を持っています。Vantage FXは、疑わしいクライアントアカウントを一時的にブロックするか、既存のクライアント関係を終了する完全な裁量権を持っています。

迅速で簡単な口座開設

  • 登録

    口座タイプを選択し申請書を提出してください

  • ご入金

    クレジットカードや電子マネーなど様々な方法で入金できます

  • 取引

    MT4 / MT5で300以上の商品にアクセス

ライブアカウントを開く